カジノの哲学

カジノトラスト – 本質的なオンラインギャンブル情報とフェアプレイの提唱

オンラインカジノ情報-フェアプレイの提唱 – カジノトラスト » ギャンブル用語集»

カジノ用語集

2011/07/13 ギャンブル用語集カジノ用語集, ギャンブル用語集

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

アール・エヌ・ジー (RNG)

スロットやビデオポーカーなどのマシンゲームで、出現するシンボルや絵柄を決定するのに用いられる、無作為に番号の抽選を行うシステム。
「Random Number Generator」の略称。

アイ・イン・ザ・スカイ (Eye in the sky)

ゲームテーブル上に設置されている監視用カメラのこと。ゲームをビデオに記録することでトラブル裁定時の証拠としたり、プレイヤーまたはディーラーの不正を監視する。

アウトサイド・ベット (Outside Bet)

ルーレットで、直接数字には賭けず色や列などの数字のグループに対して賭ける方法。特徴としては、当たる確率が高い為当選確率は高いが、一度に大きな倍率の配当は得られない。  ⇔ インサイド・ベット

アクション (Action)

様々なカジノゲームにおいて、プレイヤーが選択できる行動。
または「賭ける」行為。

アップ・カード (Up Card)

表向きに配られたカード全般を指す言葉であるが、ブラックジャックではディーラーが1枚だけ見せている上のカードのことをいう。 ⇔ホール・カード

アンティ (Ante)

特にポーカー系のゲームで用いられる「ゲームの参加料」を意味する。

イーブン・マネー (Even Money)

ブラックジャックで、ディーラーのアップカードが「A」の時、ブラックジャック役が完成しているプレイヤーに対して発生するオプション。イーブンマネーを選択すればその時点で同額の配当が得られる。 別に配当が「1 to 1」の意味。

イーブンマネー・ベット (Evenmoney Bet)

ルーレットなどで、勝つと賭け金と同額(イーブン)の配当が得られる賭けの種類。ルーレットでは、「赤/黒」、「奇数/偶数」、「前半/後半」の賭けを纏めてこう呼ぶ。

インサイド・ベット (Inside Bet)

ルーレットで、直接数字の上や数字にまたがって賭ける方法。当選確率は総じて低いが、当たれば高配当を得られる。 ⇔アウトサイド・ベット

インシュアランス (Insurance)

ブラックジャックで、ディーラーのアップカードが「A」の時にプレイヤーが賭ける保険。ディーラーにブラックジャックが完成した場合、通常の賭け金は没収されるが保険に対して2倍の配当がつく。それ以外の時は保険金を没収。

インディケード・カード (Indicade Card)

カードの束の底に敷いて一番下のカードを見せないようにするためのカード。

ウィール (Wheel)

ルーレットで当選番号を決める為の数字が割り振られた円盤。 大別して世界には3タイプのルーレットウィールがある。 その他にもビッグ6などで使われる大型の円盤や車輪も全てこう呼ばれる。

ウィール・オブ・フォーチュン (Wheel of Fortune)

垂直に取り付けられた大きな円盤をディーラーが回し、その円盤の数字や絵柄のどの位置に止まるかを当てるゲーム。 「Big 6」、「Money Wheel」とも呼ばれる。

エプロン (Apron)

レイアウト上から回収したチップを一時的に置いて整理するために使われるテーブルのスペース。 ルーレットでいうマッキングのエリア。

オール・イン (All-In)

手持ちの賭け金を全てゲームに投じること。

オール・イン・ホールデム (All-In Hold’em)

ポーカーのアレンジゲーム。ディーラーとのみ対戦するタイプのテキサスホールデムポーカー。

オフセット (Offset)

壁段の意味。数枚のチップを階段状にずらして積むこと。 4枚以下で適用。

オリジナル・ベット (Original Bet)

ゲーム開始時に置いた元の賭け金。例えばブラックジャックで、スプリットを行う場合はオリジナルベットと同額の賭け金を追加します。

オンラインカジノ (Online-Casino)

インターネット上で行うカジノのこと。オンラインカジノの運営や開発もライセンス制となっている。

カード (Cards)

いわゆる「トランプ」のことであるが、海外では「プレイングカード」とか単に「カード」と呼ぶ。カードは、52枚を1組とし、それぞれ4種のスーツ(柄)と13段階の数位がつけられている。

カード・カウンティング (Card Counting)

ブラックジャックやライブポーカーなどのゲームで、既出のカードをカウントして残っているカードの推測しやすくする技法。これによりゲームを有利に進めることができる。

カジノ (Casino)

カードやダイス、ルーレットやマシンを用いたギャンブルゲームを提供する施設。 またはそのゲームのこと。イタリア語の「Casa」に由来している。

カジノウォー (Casino War)

カードゲームの一つ。ディーラーとプレイヤーで配られたカードの点数を競う。

カジノ・マネージャー (Casino Manager)

カジノの最高責任者。カジノの全ての権限と責任を持つ。

カッティング (Cutting)

チェンジや配当時などでチップを数えること。またその技法。 ドロップカット、サイジング、スプラッシュを組み合わせてカッティングする。

カッティング・カード (Cutting Cards)

シャッフル後のカードの束にカットを入れるためのカード。

カラー・チェンジ (Color Change)

低額チップを高額チップに両替すること。「カラーアップ」ともいう。

カリビアン・スタッド・ポーカー (Caribbean Stud Poker)

アレンジポーカーの一種。5枚のカードでディーラーと勝負するポーカー。ANTEとその2倍のBETを要し、ディーラーがノットクオリファイであればBETには配当が支払われない。

キノ (Keno)

1~80までの番号の中から無作為に選ばれる20個の数字を予想して賭けるゲーム。選択した数字と当選数字の一致数により配当額が異なる。

キャッシャー (Casher)

カジノに設置されている両替所のこと。「メインケージ」とも呼ばれ、スロットマシン専用の両替所と区別される所もある。セキュリティ上、通常は出入口から一番遠い奥にあることが多い。

キャンセレーション法 (Cancellation System)

BETシステムの一つ。モンテカルロ法とも呼ばれ、決まった数列から賭け金の単位を割り出し、勝敗の結果に応じて数列を増やしたり削ったりするシステム。

クラップス (Craps)

2個のダイスを使って行うゲーム。シューターがダイスを投げて「ポイント目」を作り、「7」の目を出す前に再度そのポイント目を出せれば勝ちとなるのが基本的なルール。

グランマーチンゲール法 (Grand Martingale System)

BETシステムの一つで、マーチンゲール法を更に積極的にしたもので、「損失額の2倍+1単位」を次回の賭け金とするシステム。

クレイジー4・ポーカー (Crazy 4 Poker)

ポーカーのアレンジゲーム。プレイヤーに配られる5枚のカードのうち4枚のみを使ってディーラーと対戦するポーカー。

ゲーミング (Gaming)

カジノのゲーム。またはギャンブルのこと。

コーナー・ベット (Corner Bet)

ルーレットのインサイドベットの一つ。4つの数字に跨って賭けるもの。 配当は8 to 1。

ココモ法 (Cocomo System)

BETシステムの一つで、3倍以上の配当がある賭けに対して行うもので、形式的にはマーチンゲール法と同じシステム。

コミッション (Commission)

ハウスがゲーム勝者の配当賞金から徴収する手数料。 ライブポーカーやバカラ、パイガオポーカーなどのゲームで課せられる。

コミュニティ・カード (Community Card)

ポーカー系のゲームで参加者全員の共通となるカード。 テキサスホールデムやレットイットライドなどのゲームで用いられる。

コラム・ベット (Column Bet)

ルーレットのアウトサイドベットの一つ。レイアウトの縦一列に3等分された12個一括りに賭けるもの。 配当は2 to 1。

コンプ (Complimentary)

一定以上のゲームの賭け金もしくは時間で積算されたポイントを、飲食費や宿泊費の割引などでゲストに還元するサービス。

サイジング (Sizing)

配当時や同じ数のチップを作る時に、指でサイズを測りながら一発で同数のチップを作る技法。

サイド・ベット (Side Bet)

ゲームの本来の進行とは別に行われる余興の賭け。カリビアンスタッドなどで賭けるジャックポットボーナスがこれに当たる。サイドベットは基本的にはハウスエッジが高く不利な賭けである。

サベイランス (Surveillance)

カジノのセキュリティの一つで、監視カメラを使ってカジノ全域の様子を監視して不審な行動を注視したり、トラブルを未然に防ぐことに努める。

サレンダー (Surrender)

勝負を棄権してゲームを降りる手段。 賭け金の半額を没収される。

シック・ポー (Sic-Bo)

3個のダイスの出目や合計数を予想して賭けるゲーム。マカオやオーストラリアで人気の高いゲーム。最高配当は100倍を超えるが、その分ハウスエッジも高い。

ジャックポット (Jackpot)

マシンゲームやポーカー系のゲームで貯蓄された賞金。 またはそれを獲得する大当たりを指す言葉。

シャッフル (Shuffle)

カードゲームにおいて、カードをランダムに混ぜ合わせる技法。 通常リフルとストリップを組み合わせてシャッフルという。 ⇒ 「Shuffle Up!」=シャッフル完了!

シュー (Shoe)

4組以上のカードゲームでは、ディーラーが手で持って配れないので、それを格納して1枚ずつ取り出せるようにした箱型の道具。形が靴に似ていることからこう呼ばれる。

シュー・ゲーム (Shoe Game)

シューを用いて行うゲーム。特にブラックジャックでハンドヘルドと区別する為に用いられる言葉。

シューター (Shooter)

クラップスにおいてプレイヤーを代表してダイスを投げる人。 シューターがテーブル上の賭け金全ての運命を握っている。

ショー・カード (Show Cards)

カードの束を広げてゲストに見せること。新しく開封したカードやシャッフル前のカードをプレイヤーに確認させる。

シンボル (Symbol)

スロットマシン等で用いられている絵柄のこと。「トップ・シンボル」といえば、その台で最も価値の高いシンボルのことを指す。

スーツ (Suits)

カードに付けられている4種類の柄のこと。王侯貴族の剣を表す「スペード」聖職者の杯を表す「ハード」、商人の貨幣を表す「ダイヤ」、農民の棍棒を表す「クラブ」の4つ。

スキャッター (Scatter)

スロットの用語で、特定のシンボルがリールのどの部分に出現しても当たりとなる条件。

スタック (Stack)

基本的には20枚のチップの束を意味する。1スタック=チップ20枚。 1スタックを測ることを「スタッキング」という。

スタッド (Stud)

ポーカーの用語で、カードを交換しないという意味。 ⇔Draw

スタンド (Stand)

ブラックジャックで現状の点数でディーラーと勝負する際に選択するアクション。スタンディングまたはステイともいう。バカラでは3枚目を引かない意味。

ストラテジー (Strategy)

プレイヤーが確率的に負けを少なくする為の戦略。 「ベーシック・ストラテジー」ともいう。

ストリート・ベット (Street Bet)

ルーレットのインサイドベットの一つ。横に並んだ3つの数字を纏めて賭けるもの。 配当は11 to 1。

ストリップ (Strip)

シャッフルの技法の一つ。片手でカードを持ち、反対の手で10枚程度をつまみながら落とす。

ストレート・アップ (Straight Up)

ルーレットのインサイドベットの一つ。一つの数字だけに賭けるもの。 配当は35 to 1。

スパニッシュ21 (Spanish 21)

ブラックジャックのアレンジゲーム。プレイヤーの「777」や「678 Suited」に対してボーナス配当を取り入れている。

スピン (Spin)

ルーレットでディーラーがボールを投げること。ビッグ6では車輪を回すこと。 またスロットマシンではリールを回すこと。

スプラッシュ (Splash)

数枚のチップを横に重ねながら広げる技法。主にディーラーがチップのカッティングの際に用います。

スロット・マシン (Slot Machine)

現金または専用トークンをマシンに投入し、回転するリールの絵柄が揃えば配当が支払われるゲーム。

スプレッド (Spread)

カードの束を広げる技法。ゲーム終了後やシャッフル前にディーラーがカードを広げてカードチェックをする。 逆方向を「バックスプレッド」という。

スプリット (Split)

ブラックジャックで初めに配られたカードが同数位のペアの時、最初の賭け金に同額の賭け金を追加してカードを2手に分けること。

スプリット・ベット (Split Bet)

ルーレットのインサイドベットの一つ。2つの数字に跨って賭けるもの。 配当は17 to 1。

スポーツ・ブック (Sports Book)

レースやスポーツの試合の勝敗を予想して賭けるゲーム。競馬、野球、サッカー、アメフト、アイスホッケー、ボクシング、ゴルフなど数多くの試合に賭けられます。

スライド・カット (Slide Cut)

1スタックのチップの底をテーブルに擦りながら数枚のチップを抜き出す技法。「スライドカッティング」ともいう。

スリー・ファイブ・セブン・ポーカー (3・5・7 Poker)

ポーカーのアレンジゲーム。 3カード、5カード、7カードのポーカーを1つのゲームで1度に楽しめるディーラーと対戦型のポーカー。

スロットクラブ (Slot Club)

カジノのカード会員のこと。ゲーム数に応じてコンプがもらえる。 現在は「プレイヤーズクラブ」という。

セキュリティ (Security)

カジノでの不正やトラブルを防止する為に警備に当たる部門、またその人。総じて警備システムを指すこともある。

ソフト・ハンド (Soft Hand)

ブラックジャックで、「A」のカードを含む点数の数え方として、「A」を「11点」として数える点数をソフトハンドという。

タイ (Tie)

バカラではプレイヤーとバンカーの点数が同点で引き分けになること。

ダズン・ベット (Dozen Bet)

ルーレットのアウトサイドベットの一つ。 「1~12」、「13~24」、「25~36」それぞれの12個にまとめて賭けるもの。 配当は2 to 1。

ダブルアップ (Double Up)

ビデオポーカー等で役ができたのちに配当額を倍にするチャンス。 通常はカードのハイかローに賭けを行い、当たれば倍に、外せば配当はなくなる

ダブル・ダウン (Double Down)

ブラックジャックで2枚配られた状態から次の1枚しか引かないことを条件に賭け金を追加できるオプション。 追加ベットは最初の賭け金の同額まで。

チーティング (Cheating)

チート(Cheat)とは、ゲームにおける不正やイカサマを指す言葉。 プレイヤー、ディーラー、カジノ組織自体が行うチーティングもある。

チェック (Check)

カジノのゲームで用いられるチップの中でデノミネーションが記載されているチップの正式な名称。現金と同様の扱いを受け、カジノにおける通貨。 別にポーカーでは「様子を見る」アクションのこと。

チェック・ラック (Check Rack)

カジノのゲームテーブルでディーラーの手元にあるチェックやチップを収納する金属製のラック。チップラックとかチップトレイともいう。

Lost Password